ウスバキトンボ県別初見情報

ここ数年は初夏から盛夏にかけてウスバキトンボが少なく、秋になってやっと群れ飛ぶ 姿が見られる状況になっていました。 ところが、今年は7月以降連日群れ飛ぶ光景が見られ、三桁単位の群飛を何度もみました。

今年は関東地方でウスバキトンボの当たり年だと思い、関東在住のトンボ仲間に様子を尋ねました。どこからも多いという返事が来るかと思いきや、千葉や横浜在住の仲間からは、群れ飛ぶ姿は見たことがないとのことです。どうやら、関東全域に多いわけではなく、たまたま私が住む寄居町や、その周辺で多く見かけただけのようです。皆様の所ではどうでしょうか?ウスバキトンボは、絶えず移動して暮らしているトンボのようで、移動は気流を利用しているのでしょう。今年は局地的な豪雨が多く発生していますが、地域ごとに気流が異なり、たまたまその気流が流れている地域では、ウスバキトンボが多数見られ、気流から離れた地域では見られないのではないでしょう か? 右の表は今年の初見日を都府県別に比較したいものですが、今年も情報空白県が少なくないのが残念です。とりわけ北陸をはじめ、日本海側の情報がもう少し欲しいところです。今後は終見日の情報を収集します。

終見日は初見日より意識していないと分からないものです。皆様のご協力をお願いする次第です。