やっとのことで合併の手続きが完了した!と思って喜んだのですが、ヌカ喜びでした。
現時点の合併手続きの進捗状況についてご報告します。

今回の合併手続きで一番苦労したのは、合併登記です。NPO の吸収合併の事例はほとん どなく、法務局のホームページを見ても様式や記載例が出ていません。埼玉県に問い合わせると、法務局と相談して欲しいと言われました。法務局は県内に出張所や支局があるのですが、法人登記の手続きや相談は、与野市にある本局でなければできません。登記相談は予約 制で、相談時間は 30 分以内と決められています。このため、1 回ではよく呑み込めず、2 回 も相談に出向く羽目になりました。幸い申請は郵送でも良いとのことでしたので、2 回目の 相談の時に、申請書を確認してもらったうえで郵送しました。しかし、いつまで待っても登 記完了の連絡がこず、しびれを切らせて法務局に出向き、登記謄本を確認したところ、8 月 15 日付で合併登記がなされていることが分かりました。そこで 3 つの法人の登記事項証を 取り寄せ、それを添付して埼玉県に登記完了報告書を提出しました。これですべての手続きが完了し、1件落着かと思いきや、県から、「登記事項に記されている定款の目的欄が、合併前のままで更新されていないので、法務局に問い合わせて欲しい」との電話がありました。私は当然、目 的欄も更新されているものと思い込んでいましたので、確認せずに県に送ったのですが、確かに古い目的のままです。すぐに法務局に問い合わせたところ、「今回の申請は合併に関してのみで、定款の変更申請は出されていないため」との返事でした。しかし、 「2 回も合併の相談に出向き、その際合併に伴い定款の目的や事業内容も変更すると伝えた のだから、その際、それでは定款にある変更申請も必要ですよ、と教えてくれるべきではないか」と反論しました。それに対し先方は、説明不足を詫びたものの、「すでに登記された目的を差し替えるわけにはいかないので、再度申請して欲しい」とのことでした。こんなわけで、手続きはまだ時間がかかりそうです。とはいえ、合併の登記は終えていますので、法人登記した 8 月 15 日をもって「NPO むさしの里山研究会」と「NPO るうぷ」は消滅し、 新生ノアが正式に誕生しました。障害者のためのグループホームやウスバキトンボ調査など、活動に関連性や統一性が無いように感じられると思われるでしょうが、次号で詳しくご説明いたします。今後精一杯頑張りますので、引き続きご支援下さるようお願い申し上げま す。

なお、新生ノアのロゴマークを作りたいと思うのですが、プロに頼むお金がありません。 どなたか、無償で作ってくれそうな方をご存知ないでしょうか?