前回のノア通信でお知らせしましたように、「いこいの家ノア」は11月末をもって閉鎖し、これまでノアで暮らしていた2名の利用者さんは、美里町の家へ引越しました。

この家を美里ホームと仮称し、敷地内に住む方に世話人さんをお願いし、引き続き NPO 法人ノアで運営することにします。この敷地に県の補助金を得て5LDKのグループホームを建設すべく、グループホームを建設した実績のある建設業者に見てもらったのですが、敷地が狭すぎて建設が困難だとのことでした。仮に補助金で建設可能だとても、建設費の 1/4 は自己資金で賄わなければならず、現状では不可能です。とはいえ、諦めることなく情報収集を行いつつ建設のチャンスを待つことにします。

ところで、「いこいの家ノア」のあとの活用について、寄居町内の NPO 法人に検討してもらっていたのですが、その後大家さんから、高齢の親を引き取るかもしれなくなったので、しばらくは貸すのを控えたいとの連絡がありました。先方の NPO 法人ではこの場所をこども食堂として活用すべく、役場と協議を始めたところだったとのことですが、残念ながら実現しませんでした。世の中、なかなか思惑通りにはいかないものです。