現在の児童福祉法では原則として里子が18歳になると措置解除になり、里子は自分で仕事と住まい
を探し、里親家庭を離れて自立した生活を送ることになります。しかし、中には障害があったり情緒不安
定であったりするなど自立した生活が困難な子供もいます。また、これらの問題がなくとも、給料だけで
はアパートを借りて生活することができず、里親家庭に居候せざるを得ない子供もいます。元里親も高
齢になり子供を支えきれなくなります。また、普段は自立した生活ができても、病気になったりするなど
窮地に追い込まれることもあるでしょう。
 当会では問題を抱える元里子や、養護施設を退所者した若者たちの暮らしをサポートしたいと考えて
います。具体的には住まいの提供、料理の手ほどき、悩みや困りごとの相談などです。
 アフターケア施設と言うと、大げさに感じますが、現在の「いこいの家ノア」の延長線上の活動です。
今後、理事の方やノアサロンの参加者のご意見をお聞きしながら準備を進めたいと考えています。