憩いの家ノア」が火を付けられるかもしれないことを家主さんに伝えたところ、家主さんは「万が一そのようなことがあっても大丈夫だから、続けるように」とおっしゃって下さいました。大変有難く感謝の気持ちで一杯になると同時に、苦しくともやり抜かねばとの決意を新たにしました。しかし、現在利用料月額6万円で2名の方が入居しているのですが、これだけでは家賃、光熱水費、食材費、消耗品費だけでもギリギリの状態で、とても世話人さんを雇用できる状況ではありません。雇用というほどの金額は払えないにしろ、謝金程度はお支払いできる経営状態にしない限り、世話人さんの募集はできません。このため、来年からは利用料を月額7万円に上げ、2名の利用者増を目標にします。入居者が4名になれば、補助金なしで運営できるのではないかと考えるためです。

利用料の値上げは心苦しいのですが、障害者総合支援法により認定されたグループホームの利用料の相場は7万円程度ですので、高くはないと思います。ただし、認定施設の場合には月額1万円の家賃補助金が出ますが、ノアはそのような補助はありません。その一方、認定施設は療育手帳を持っていないと、利用できないのですが、ノアはそのような制約はありません。ただし、食事、排せつなど日常的な行動が自分でできる方に限ります。
利用条件などは以下のとおりですが、詳細は当会事務局までお気軽にお尋ねください。

ノアの所在地 寄居町桜沢490-7(寄居駅徒歩10分、玉淀駅徒歩3分、スーパー、病院などが近くにあります)
利用料 月額7万円(家賃、光熱水費、食事代(3食)、消耗品代、管理費)
日額 2500円(朝夕食事代を含む)
募集人員 2名(男子のみ)
部屋の状況等 各室6畳、エアコン、テレビありトイレ(水洗洋式)2か所、食堂、ふろ場、談話室
門限 午後10時
世話人 1名常駐